福島県石川町 大野農園

お買い物 onlineshop
 
..

大野農園のはじまり
1975年、創業者・大野峯(現会長)が果実栽培を始めました。社会経済の進展と歩調を合わせ、国営農用地開発事業での農地拡大に伴い積極的に旧来の営農から脱却を目指し、日本で三番目のりんごの矮化栽培団地を造り、先進技術を吸収しつつ省力化農業を実践躬行しました。

農家から農業経営への変革
先代の取り組みは、現代表・大野栄峰へと引き継がれ、2012年に大野農園を法人化。
現在までの果実の生産販売に加え、大野農園果実の味を活かしたお菓子や加工品の製造事業、農地を利用したイベント事業、福島の食材をふんだんにのせたピザを販売するキッチンカー事業など、モノづくりに「表現」と「楽しさ」を加える新しい農業のカタチを進めております。
新しい農業のカタチをつくりたいという志をもつ若いスタッフが、モノづくりに加えて、農業の可能性を広げるべくアイデアを出し合い、大野農園は日々進化と変化をし続けます。
今後も妥協のない果実栽培と、一層皆様に愛される農園づくりを目指していきたいと日々努力してまいります。

当園は農業の土台となる土づくりに高い技術をもっていると自負しており
創業者、大野峯が妥協せずこだわり続けております。
有機栽培に力を入れ、甘栗、米ぬか、炭粉、骨粉、竹チップ、ミネラルなどを配合し完熟した堆肥などを散布しております。
また、消費者の健康・安全面を第一に考え、殺虫剤を極力減らして
土木酢液の葉面散布や性フェロモンを利用したコンフューザーを取り付けております。
経験、研究、追及が大野農園の土台となっております。
環境へのこだわり
一味違う美味しさを追求。一つ一つ丁寧に、最上級になったものを見極め収穫し、
その日の収穫はその日に発送しています。
口いっぱいに広がる幸福、一口食べるだけで自然と笑顔になる美味しさです。
自然の恵みを受け、甘く、シャキシャキとした食感が特徴的な大野農園の梨。
他の果実同様に土づくりからこだわり抜いた成果が、
とても甘くキメ細やかな舌触りまで堪能できます。
創業当初から進化し続け、大野農園の代表的果実とも言えるりんごは、
栽培面積の2/3を誇り、全国各地から予約が殺到する程。
食味、果汁、食感、風味、着色、共に最高ランクです。
大野農園のこだわり果実で作ったオリジナルのジュース(りんご・桃・りんごと梨のブレンド)や
ジャム(りんご・梨・桃・ハックルベリー・りんごとバニラ)の果実加工品、
果実のフレーバーが楽しいフルーツラガー(りんご・もも)など、様々な商品を販売しております。
土づくりからこだわり抜いて栽培している弊社の果実と、県内の農家、
または産業と共同開発を進めている加工事業で、次世代のコミュニティビジネスとしての農業確立を目指し、
生産・加工・流通のそれぞれの工程をしっかりと行い、
その3つの工程がバランスよく機能するよう管理体制も整え、
今後も新たな商品開発を進めていきたいと考えております。

ジュースを買うジャムを買うビールを買う